愛車を手放すときに少しでも高く買い取りをしてもらうために気をつけることは?

アメリカと日本の自動車の普及の違い

アメリカと日本の自動車の普及の違い

日本はハイブリッドと電気自動車がこれからもっと普及して主流になっていくといわれていますが、今後仮に景気がよくなっても環境にいいそして燃費のよい経済的な車は売れ続けるのではないかと思います。一方で景気のいいアメリカでは原油安によって燃費のいい車があまり売れていなくてうしろ大きなSUVなどの車などが好調といわれています。アメリカ人は体も大きいですが、国も大きいし道がとても広くなっているので大きな車に乗りたくなるというのもわかりますし、原油が安くなるとエコが車があまり売れなくなるというのも国民性を感じます。

日本はこれからはそのようなSUVとか大きめの車というのが売れる時代というのは来ないように思います。むしろ原油安が続いている今であっても軽自動車や小型車は売れていますのでとても堅実な国民性が表れているように思います。とはいえこれから燃料電池車という水素を燃料とする車がどこまで普及するのか、電気自動車の普及よりも先に広がっていくのか、オリンピックに向けて後4年どこまで水素ステーションが作られていくのかを含めて日本の自動車の動きはとても注目です。環境にいい車というのは心が落ち着く感じがしていいものです。もう少し安くなったら購入したいと考えています。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

クレジットカードとキャッシング