愛車を手放すときに少しでも高く買い取りをしてもらうために気をつけることは?

バックモニターカメラに注意

バックモニターカメラに注意

画像の説明
つい最近、愛車を洗車しました。ワンボックスカーなので一人で洗車をするのはすごく大変ですが、車が好きでよく磨いています。最近の車はバックモニターのカメラがついているものが多くあると思いますが、私の車にもついています。購入した当初はよく後ろをモニターでも見ていたのですが、だんだん車幅感覚などが身についてきて、結局サイドミラーでバック駐車をし、最後、後ろとの間隔を確認する時だけモニターを見るぐらいになっていました。
車売却 査定←車を買い替える前にチェック
洗車をして気分良く外出し、車を駐車しようとした時、バックモニターに目をやると、車の近くしか映っておらず、バック予測のラインが実際バックするところと大きく違っていました。車を止めカメラを見ると、ずいぶん奥に押し込まれていてうまく映っていなかったようです。どうやら洗車をした際、手で押してしまったようです。自分では直せそうになかったのでディーラーに持って行って相談すると専用の工具で直してくれました。それからは洗車をする際、気をつけるようにしていたのですが、先日、車検でディーラーに持って行って、帰ってきた車に乗ると、またバックモニターの映り方がおかしくなっていました。ディーラーがサービスで洗車をしてくれたのですが、またもや押してしまったようです。その程度でカメラの向きが変わってしまうのがちょっと不便ですが、そうそうなるものではないので、注意を払うようにした方が良いようです。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

クレジットカードとキャッシング