愛車を手放すときに少しでも高く買い取りをしてもらうために気をつけることは?

無くてはならない道具

無くてはならない道具

車って、なんだか無くてはならない道具になってきました。歩く速度とカースピード、この差は大き過ぎます。タクシー使ったりバス乗ったり、車を利用するって、それこそ時間をお金で買っている感覚です。
新車に拘らず、中古でも持つべき時代!?車の事って、誰に聞いて、誰を信じたらいいものか。友人には数名、クルママニアみたいな男女はいるけれど、今さら聞くって、どんなことでも恥ずかしいのです。知らないのかよ!とか言われたくないし、思う所は多いのです。
車に詳しいとカッコいい。車を苦手とする男はカッコ悪い。おかしな時代です。人間個性が有るから、それぞれが引き立つってのに。私はそうやって思うこともあるのです。
人間はお互いに優しく生きるべき。言葉遣いも慎重に。車の事に限らず、口は災いの元。どの言葉が誰を傷つけるやもしれません。精神面がデリケートな若者も少なくないと感じています。
画像の説明
私の愛車は中古で買ったモノ。多少は傷んでいても、輸送力と信頼感については問題なしです。デザイン・機能は余計な部分がなく、必要最低限の妥協の末の車です。大きな差となる話は車が有るか、それとも持ってないか。たったそれだけです。行動範囲は差が付きます。車が有ると可能性が倍増します。
ガソリン自動車、ハイブリット車、電気自動車へと徐々にスライドが始まっていて、私は時代に追いつけなくて困ってしまうのですが、もっともっとスローに社会が移行してくれたら助かるなとも感じています。個人的なプライドの問題もあるのです。私のポンコツ車を長く愛用したいのです。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

クレジットカードとキャッシング