愛車を手放すときに少しでも高く買い取りをしてもらうために気をつけることは?

車について思うこと

車について思うこと

目がかすむ夜が多いです。視力低下を恐れています。テレビは視聴時間が減ってきています。意識的に生活を変えて来ています。人生について、つい真面目に向き合ってしまう瞬間が有ります。遊んでばっかりだし、お金もたまらないし、自分の家は壊れて行く一方に感じるし、それでもどうにか毎月生きてるし、友人は二か月に一度以上もTELをくれているし、心配とかしてくれてるようなそぶりも感じられるけれど、同時に私は人間不信が治ってなかったり、世の中は信じられないことが多いなとマイナスになりかける事だってゼロではなくて、車が有るからスタバ行ちゃおいうだとか、ユニクロ行ちゃおうだとか、思いのままに無計画気味な日常も増えそうで怖いです。
私の今の目標は収入3倍増しです。手が届かなそうな設定だけれど、何かうまいことキッカケを掴めば、現実に出来る範囲です。諦めたら無理だし、どうやっても無理な範囲ぢゃないこと、知っています。
毎月の給料、収支のプラスの部分、お金の話は人間形成に直結しています。私の財布事情が大きく変われば、自分の性格や判断力はガラッと変化してしまうこと、過去に体験しているので、重々承知のつもりです。
時間はお金で買えるのです。お金で車も買えるのです。色んなアイデアでは有るけれど、車売ったり借金したり、友人とケンカするとか、感情的になって判断を間違えて、人生ダメにするなど良くない範囲です。どんな時も選択を間違えると、悪い話に巻き込まれます。車だって走り方を間違えたりすることも有りえます。前後関係の流れとか、行動でた時に空気を読むこと大切です。普通の道路を速過ぎで走っても事故の元。遅く走っても後ろにストレス与えたり、何でも適度な加減が重要!といった塩梅です。
画像の説明
友人はスーパーカーのような車を買いました。車体の色は忘れたけれど、地味系だったかなと思っています。いつかまた乗せてね!と心の中では思ったけれど、同い年の人間には言えない言葉だって有るのです。友人と私、性格はあんまり変わらないはずだけれど、どこで何に差が付いたのか理解できません。高校だって中学だって同じ学校出たけれど、私はポンコツ持ってて、彼は新車のお坊ちゃまコース。この私たち二人の関係を文字で表現することは、本当に悔しい限りです。私と彼の貧富の差は今後も延々と差がついていきそうです。負けてはいけないのです。いつか逆転してやると心に誓う以外ないのです。人生はマラソンに似たものです。レーシングカーで言う耐久マッチみたいな考え方で、私は人生を投げ捨ててはいけないのです。"

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

クレジットカードとキャッシング