愛車を手放すときに少しでも高く買い取りをしてもらうために気をつけることは?

車のボディーの色を塗り替える

車のボディーの色を塗り替える

私の知り合いが車の整備工で働いているのですが、その知り合いが私の車のボディーを修繕するときに「いっそのこと車の色乗り換えてしまう?」と言っていました。

車のボディーの一部にパテ埋めしたりして修繕した場合、その車の本来のカラーをボディーに吹き付けると色が強くて新しく塗装した部分が分かってしまうとのことです。つまり、経年劣化により車のボディーは少なからずは色があせているのです。

この、色があせている状態を新しいペンキで再現しないと、その部分だけが目立ってしまうのです。なので、色の調合をしてテスト用の紙などに吹き付けてボディーに寄せてチェックをしたりするのです。そんな手間があるので、お客さんからの要望があればオールペインティングする事があるそうなのです。

ペンキ01

私も、ボディーの色を塗り替えるなんて想定外だったのですが、言われてみると気分転換には最高に良いことなのではないかと思ったのです。その時には、手間のかかるドアの内側などは塗装しない事にしたのです。

人に見えるのは外側のボディーだけで、ドアを開いた内側の色が違うことを指摘する人はさほどいないと思うのです。それに、内張を話して塗装するなんて、手間のかかる事は必要ないと思ったのです。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

クレジットカードとキャッシング