愛車を手放すときに少しでも高く買い取りをしてもらうために気をつけることは?

車を下取りに出すときに思う事

車を下取りに出すときに思う事

画像の説明
数年前から私のマイカーの調子がおかしくて困っています。通常に使う事は可能なのですが、エンジンの調子がおかしくなってくることがあるのです。おかしくなればそのまま動かなくなれば修理に出すことができるのですが、それがたまにしか起こらないのです。

自動車整備工場のスタッフと話をしたこともあるのですが、症状が出る感じを話して、スタッフが車をチェックしてみても問題の部分が分からない状況なのです。使ってみても正常に全てが動くので、特定できない状況になってしまうのです。

このような車の状況が少し前から続いているので、この車を下取りに出して別の車に買い替えたいと思うのです。その時に問題になってくるのが下取りの際の金額です。

不具合がある部分を話しておき、その部分がネックになって大幅に下取り価格が下がってしまう可能性があります。なので、査定の際にその部分がチェックしてもいつからないのであれば、そのままで良いのかもしれないと思うのです。

こちらとしては、その不具合が見つかって早めに修理をしたいのですが、特に使える状況が続いているので修理ができないままとなっています。普通に使える状況が続いてしまうので、そのままの状態で下取りに出してしまう方がよいのではないかと思ってしまいます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

クレジットカードとキャッシング